台湾発、擬人化美少女ゲーム「食用系少女」プレイ録

台湾発の台湾グルメ擬人化ゲーム『食用系少女』Steam版に、水瀬 ...


食用1-3
ということで、食用系少女を買ってみた。
今回は日本語版で、しかも水瀬いのり・七瀬彩夏・深川芹亜と豪華声優による日本語ボイスが堪能できる。

前回プレイしたたかめ少女は、鉄道が舞台だったが、これは夜市が舞台。
食用1-2食用5

食用9
屋台の店主である美少女(精霊)とコミュニケーションをとりながら、
廃れた夜市を振興していくという経営ゲーム。

live2dでe-moteばりに動いたり、
イベントでSDが多用されていたりと日本のパソゲーに近い。

食用7

食用8
選択肢を選んで進めるだけの萌えゲーに飽きたという人にも楽しめるだろう。
なんとなくpiaキャロットを思い出す。

食用6
行動が1日4回の選択で、
好感度を上げつつも店の広告もしなければならないし品質も上げなければならない。
初めのころは家賃徴収に怯えながらw

食用7 (2)
サブヒロインも可愛い。

食用11
月ごとの評定で基準に満たなければゲームオーバー。
数値の割り振りが難しいが、それもまた経営ゲームの醍醐味だろう。


食用9 (2)

食用9 (1)
苦労してクリアするも、マルチエンディングには程遠い。
いや、無理なんじゃね?ってくらいに。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント