萌える台湾、「前進吧!高捷少女Initiating Station PLUS」プレイ録

たかめ01たかめ02
コロナ自粛で休暇も暇なので、パソゲー。
たかめ少女。台湾の鉄道会社の萌えキャラだ。

日本語版(※予定)に先駆けて、現地語バージョンがリリース。待ちきれずに購入。

操作は日本のパソゲーと似ているため、ラクだった。

シナリオは漢字から察したり、主人公以外はフルボイスなので抑揚から察したり。
感嘆詞は日本語と似た感じで、
多用されているので感情を読み取るのが容易になり助かる。

たかめ03たかめ04
グラフィックが美しいのはもちろんだが、ころころ表情が変わったり、
SDも用意されていたりと抜かりない。

たかめ4
たかめ3
シナリオ量は少なく、ファンディスク的な感覚だった。
ストーリーも小穹の前日談的なものだったし(翻訳する気力が無かったので推測)

たかめ1
とはいえ、DL価格999円でフルボイスなので
まあ許容範囲だろうなと思っていたら、

たかめ2
おまけシナリオが用意されていた。
そうそう、こういうのだよ、見たかったのは!!

いい意味で期待を裏切ってくれた、破格のゲームに大満足。

日本語版が出たら、シナリオもじっくり読み返すとしよう。
うーん、いつになるか(汗)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント