萌え旅(18きっぷで和歌山へ)

旅の原動力が2次元美少女・・・

どうなんだかと思いつつも、

休暇でゴロゴロしていたいという感情に勝るものが
それしかないという(笑)

職業病で、始発前には起きているし。


西進はクロスシートに委ねるだけでラクだ。
なかなか家では読む気にならない文庫本
(ラノベだけれども)を読み進めつつ、
伊吹山やら鴨川なりをながめて。

約1年ぶりの和歌山。



改札外の売店で、
黒潮しらら(JR西日本)&
嵯峨ほづき(嵯峨野観光鉄道)
のコラボクリアファイル。

イラストレーターが伊能津先生なので、
ダイヤちゃんにしか見えない(笑)

更に御坊へ。

紀州鉄道は数年振り。
前はまだ二軸のレールバスだった。
時間が空いたので片道は走る。完走しても3キロ弱しかないのでジョギング程度。
紀伊御坊駅でクリアファイル購入。


激推しって感じの商品ラインナップだった。


キハ603とも再会。
乗ったのがもう10年以上前なのか・・・(遠い目)








「もうゴールしていいよね」

AIRの舞台でもある。


帰りは列車に乗る。





和歌山駅で恒例の中華そば。
和歌山とか徳島とか、たまに食べたくなる。

紀州路快速、一本見送って座る。





天王寺でラブライブショップ。
スポーツ報知のハピトレ果南は完売だったので、
ダイヤ誕ポストカードのみ。


簿記の募集要項、
ラブライカ健在。

(2019年1月)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック