【旅雑記】安宿探しも旅の楽しみ。


先日のラブライブ!&はいふり旅。

平日ということもあり、宿は当日取ることに。


沼津リバーサイドホテルの当日割引を狙っていたが、
禁煙室は僅差で狩られた。



うーん。
静岡各地で漁ってみるが、
他は5000円以上するが無難な宿は結構ある。

JRの乗り放題パスなので交通費は気にしない。
富士宮のキャビンと、東京の北斗星を保険にしておく。

熱海あたりを見てみると、
温泉つきの安宿の素泊まりも良いなと。

更にエリアを変えてみると、
伊東が穴場ということに気づく。


チョイスしたのは、
税抜き3000円代から温泉素泊まり。
レイトチェックインも可能。

湧き出す源泉かけ流しの味な宿

夕飯を伊豆(いーある)で食べてからでも間に合う。

口コミでも、
●駅から近い
●古いけれども手入れは行き届いている
●フロントサービスが良い

うん、バッチリじゃん。



チェックイン。
年配のフロントマンに迎えられ、
構造が複雑なので地図とともに丁寧な案内。



部屋は和室だが、ベッドが置いてある。

年配客の需要に応える為、近年増えているパターンとか。

水周りはクラシカルだが手入れはされている。

温泉が自慢の宿ということで、早速。

男女別の立派な大浴場。

マンホール巡りでかなり歩いたので、疲れを癒そう。

部屋に戻り、くつろぐ。

好都合にもトレインビューな部屋だったので
伊豆急の8000系を眺めながら一杯。

デジカメの画像を整理したり、購入品を眺めてはニタニタしたり。
フリーwifiもあった。

翌朝。
横須賀に昼に着けばいいやとザックリだったので、目覚ましはかけず。
気づくと8時過ぎ。

男女入れ替え制の露天風呂で、朝風呂といこう。

ちゃんと通路が外だったり、本格的だ。

部屋へ戻り、
スマホで乗り継ぎを検索すると、まだ時間があった。


部屋からリゾート21(キンメ電車)を眺める。


このときは、素泊まり4300円(税込)。

また機会があれば泊まりたいところだ。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック