JR「秋の乗り放題パス」で巡った東北。(2017年)

旅日和5周年 プレ企画①

※一部補足はしてあるが、データは訪問当時のもの

今年はマチ★アソビに行けそうもないし、
仕事の都合でアクティブには・・・
ということで昨年の振り返り。

夜行バスでのアプローチ、
リゾート快速で快適な車窓観光と移動。


●名古屋→新潟

朝の新潟から旅をスタート!


美しいなまずに惚れ惚れ。


このロケーションで115系を撮りたかったが、運用減を痛感した。


115系。
移動中に来てしまい、架線柱に邪魔された。
今となっては、高架化工事の記録になって良いかとも。


TVでもよく取り上げられるバスセンターカレー。
美味だったが、完食するのに苦労した・・・

あそこの大盛はもう勘弁。



安く快適に!がモットーな旅日和。
指定席券は「えきねっと」で予約しておいた。


JR酒田港線、探訪。


駅前の周辺地図に、
怪しい線路があれば立ち向かうのが浪漫(?)



暖色系の車内が素敵だった。
駅弁も買って満喫。

C58-356号機、まだ残っているようだが大丈夫か?

思えば、鉄道むすめに振り回された旅程(笑)

仙台空港で蜻蛉返りして、
距離を稼ぐために北上泊。

・・・今振り返っても壮大だったなと(苦笑)

まあ、これの旅行があったからこそスタンプ完走できたのだが。



新潟・盛岡・八戸。
キュービックパラダイス巡りも勿論。



IGRはパスで利用できない。
当時は山田線不通のため、106急行で。


車窓観光だったが、
ゲームや漫画で見た情景そのままでに感動。




キハ40で海沿いを。
良い思い出に。








激アツなシーンの数々。
あまりの寒さにヒートテックをラピアで買い込み(笑)、
夕暮れの中、夢中で撮影した。


あずましーとを奮発。
実は、その後販売終了してしまった(汗)

鈍行で三島、三島からは勿論、








伊豆箱根の懐かしき写真たち。

今は亡き恋アク列車、
駅舎ラッピングは2代目に、
タクシーも2代目に、
1号車は本日から沼津メインの運用に変更された。

(2017年10月分)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック