銚子電鉄、平成最後の夏。~外川駅~


銚子電鉄と聞くと、思い浮かべるのはこの一冊。
鉄道ファン1997年8月号。

20年近くの時は流れ、
車両は今や京王5000系と2010系に。
伊予鉄道を経由し、三度目の人生へ。

ぬれ煎餅で有名になり、
最近では自虐の「まずい棒」が大人気だという。



しかし、愛知からは遠い。
東京からでも、鈍行で3時間弱。




憧れの地を、訪問地へ。
背中を押してくれたのは、やはり鉄道むすめだった。


トコトコとやってくる、レトロな二両の列車。
嗚呼、これぞ地方私鉄感。




外川駅、平成最後の夏。
遥々来た甲斐があったなと。

余談だが、ジオコレの駅Aのモデルで有名。




引退した801は、美しく修復された。


フリー切符を使用したので、寄り道も。
こんな感じで巡った。

(2018年8月訪問)
スポンサーサイト



コメント

No title

ツッキー
少し前に訪問した時は、ボロボロの801を見たんですが、しっかり化粧直ししましたね。

No title

キュービック541
> ツッキー様
かなり痛々しい姿でしたね。
美しい姿に修復されて嬉しい限りです!
非公開コメント

トラックバック