懐かしの遊具、減り行くグローブジャングル。


名前は聞いたことがなくても、
20代ぐらいまでなら遊んだ記憶がある読者も多いだろう。


回転ジャングルジムと言ったほうが分かりやすいか。

遠心力を楽しむあのスリル・・・
団地でヤンチャな奴がいると高速で回してさ。


それにぶら下がって。あの宙を舞っていた幼少期。
こんな目線だったかな・・・と数十年前に想いを馳せる。


老朽化とか、危険とかで、
今の公園の遊具って無難なものしかないと思う。

もちろん、メーカーも改良を重ね安全を訴えるが、
万が一を考えると自治体側は躊躇せざるを得ない。

箱ブランコ、シーソー、鉄棒、登り棒。
「挟んだときにどうするんだ」と。
保護者からすればそうなっちゃうんだろうけど、
つまらない時代になったもんだ。

ブランコで立ちこぎして靴飛ばし。
そんな「危険」な遊びをフツーにしていたし。
擦り傷や豆を作って、匙加減を身体で覚えたものなんだが。



もっとも、人がいたら見かけても撮れないのだが・・・
雨なので人もおらず、その点ではラッキーだったか。

(2018年6月 沼津市内)
スポンサーサイト



コメント

No title

masa
こんばんは(^_^)
これは懐かしいですね!
確かに最近の公園では見なくなりましたね💦
画像の様に雨上がり等は足元に水溜まりができてよく手を滑らせ池ポチャ状態になりましたね~(笑)

No title

海老シイタケお
懐かしい遊具ですね、確かに最近は目にしなくなりました。
あの中に入り、高速で回されると目が回りフラフラに
なり倒れたことも。他にブランコ立ち漕ぎで高い位置
まで漕げるか一人遊びしてました。
小さい頃は遊具で遊んで転んで生傷をつくり家に
帰りました。

No title

岡崎の孤独なグルメ
人がいると撮れない・・・っていうのも時代の変化ですよね。
昔の子供はカメラ見ると寄ってきたものですが。

これグローブジャングルって言うんですね。そういやうちの周りの公園にはないなぁ・・・。

No title

キュービック541
> masa様
沿って走るとあの部分が削れるんですよね・・・水溜まりをみてしみじみと。

No title

キュービック541
> 岡崎の孤独なグルメ様
スナップ写真でも通報されそうな世の中ですね。

No title

キュービック541
> 海老シイタケお様
中に入って回されると目が回りますが、あの感覚も楽しかったな・・・と今は思います。
非公開コメント

トラックバック