夜行バスに快眠を、久々の「リボーン」乗車記

ウィラー「リボーン」乗車記録
(三菱ふそう/エアロクイーン)

ウィラーで上京。



もちろん、4列で安く買っておいて、
有料会員の特権ランクアップの博打打ち。

やはり、リボーンかコクーンかで迷う。

コクーンの秘密基地感も味わいたいし、
リボーンでのんびりと休息をとりたい。

今回は寝たい!ということでリボーンを選択。






定価で7000円以上する高級シートも、半額以下で(笑)



仕事を終え、自宅で身支度を整え名古屋駅へ。









電動リモコンでセッティング。




ゆりかごもあるので二重で快適。

オフシーズンの平日。流石に空席も。

金山で客扱い、刈谷で休憩後に消灯。
格安バスはトイレが無い場合が多いので、行ける時に。

通路の照明が、構造上か明るい気が。
アイマスク持参が良かろう。

やはり快適で、静岡の開放休憩には気づかず(笑)



翌朝、海老名で朝の休憩。


ほどなくバスタ新宿へ。

バスは終点のディズニーへ向けて走り去る。

(2018年5月)


余談ながら、検索ワードでも定期的にあって、リボーンの注目の高さが伺える。









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック