JR酒田港線、探訪。

酒田で快速乗り継ぎ。
約一時間。確か酒蔵・・・と駅前の地図を眺める。

駅前の地図というのは、大半の場合が配線図がバッチリ記されており・・・

なんかトワイライトな路線が。

羽越本線貨物支線、通称を酒田港線というそうで。

行けるところまでいってみよう。


秋の貨物線。


教科書に載せたい情景。
いやぁ、この配置は完璧。


DE10がさりげなく駆けて行く


分岐点まで到着。
ん・・・?路線図にない・・・


怪しいなと思い写真を撮り、旅行後調べると・・・


山形県営公共臨港線
国立酒田米穀倉庫
というワードが浮上。

こんな素晴らしい線路付きの倉庫があったのか(泣)





後ろ髪を引かれつつも駅へ走る。

ああ、この濃度ならレンタサイクル借りるべきだったな。

(2017年10月探訪)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック