成田シャトル&東京シャトル

5月の話。
ウィラーの夜行バスで、ボーイング747を撮りに行ったときのこと。


成田空港へのアクセスといえば、
JRの成田エクスプレスと、京成のスカイライナーが思い浮かぶ。

とはいえ、そんな財布に余裕は無い。


ウィラーの車内で宣伝していた成田シャトルで行こう。




移動中にスマホで予約&クレカ決済。

で、大崎駅に着く。




西口・・・え、バスターミナルなんて無いぞ!?

焦るが、遠目にBTを見つけて急ぐ。






新西口かよ。地方民に判るかっ!

さて、乗車便はウィラー担当。




短距離便なのでノーマルなシート。


コンセントではなく、USB端子タイプだ。


高い乗車率に思える。


帰りは京成の東京シャトル。



事前予約は締め切られていたようなので、
カウンターで当日料金で購入。

夜行バス&一日中撮影していた疲れからか、ほとんど寝ていた。

安価でリクライニングシートというのも、空港バスの魅力に違いない。

(2017年5月分)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック