TrySailライブ(神戸公演2days)




物販も遅めなのでのんびりと。
エアロキングも置き換えられ、バスで行く必要もなくなってしまった。

近鉄ではなく、18きっぷで。



それでも、初日物販には間に合ったが。流石は新快速。

当初は、開演も早い(=時間に余裕を持って帰ることができる)
30日分をポータルで申し込んでいたのだが、
連休だったので29日も一般で購入。

結局、ツアー制覇に。

初めてのトラセライブという人が多い。
ちなみに、翌日の同じ質問では人数少なかった。

着々とトラセ人口増えているのだなと実感。

当日券こそ出たものの、単独でこれだけの人数を。









約一年前、デレ4thの会場だったことが記憶に新しい。

トラセの単独公演回数も凄まじく、
2016年の横浜東京から年をまたいで全国ツアー、
そして今回の横浜神戸と。


day1 1730~2030頃

コインロッカーに荷物をブチ込んでポートライナーへ。
300円のが空いていたのでラッキー!

トークの中でもあったが、ステージの街頭が凝っている。
時間を忘れるくらいアツいステージに!

sailoutとプライマリーはトロッコで回るのだが、
スタンド席から5列くらいの距離で!
sawingはもう天ちゃんの笑顔でキュン死。
あの(歌唱は)クールでカッコいい天ちゃんが、
こう無邪気で満面の笑みを。ギャップ萌え。

明日も晴れる合戦では、もちょチーム。
あ、トロッコが目の前に!

いやいやいやもちょかわええもちょかわえええええええ(壊)

声優と数メートルの距離なんて、デレ3rdの馬車のともよ様と、
徳島マチ★アソビ、掛川のあじゅじゅくらいだろうか。

トラセ名物、朗読劇。

潜水艇でのオーディションの話だった。
ちょうちょいネタも交えつつも、シリアス面が強いのは珍しい。
今までであれば、SEからしてパロディーを詰め込んで
溢れるくらいだったのだが。
いや、こういった真面目なのも良い。

「tryはいつも楽しく。最初は怖いけれど」

そんな彼女たちの成長を、見守っていきたい


ここで旅日和らしく宿の話。

もともと三宮界隈は安宿が少なく、夏休みの土曜ということで焼け野原に。

事前にリサーチしておいたカプセルホテルにTRY!



なんと南海汐見橋駅(阪神&地下鉄だと桜川駅)近くの場所。

ロッカーの幅が狭かったり(そもそも旅行者なんて想定しないだろうし)、



カプセルのコントロールパネルに昭和感が漂うが、
清潔で明るく、温泉も付いているとあり大満足。

終電後でも手ブラでOKという宣伝文句の如く、
アメニティーも揃い至れり尽くせりだ。


day2(1600~1900頃)

流石に時間も早く、コインロッカー争奪戦に。

ポートライナーはツアーTを着た集団で溢れる(笑)

この日はアリーナ席。ポータルありがとう。

おお、5列くらい先にはトロッコ道。
もちナンが尊い。

神戸2日目だけれども、
ナンスの「ファイナル」という言葉で痛感する。

ソロ曲は何が来るか楽しみなところだが、
もちょのトクベツいちばんは歓喜。

ナンスのふわコロも聴けたし、「赤宮」さんのイロドリも。
ポニテナンスの破壊力は異常。いや、どんな髪型も可愛いけどさ。
デコダシーナも。

さて、明日も晴れる合戦。
天ちゃんチームだけれど、もちょトロッコの背後だ。

二日とももちょトロッコの近くとか強運だ。

驚いたのは、アンコールの後の「もう一回」コール。

ん???と会場が騒然とするが、
DJ風の終演アナウンスが流れないということは・・・

なんとアンコール2!アドレナリン!

ちゃっかり新曲を終演時に流したりとサービス旺盛。

これでトラセの曲数も増えるわけで、
ライブで全曲披露というのは今回が最後だろう。
もちろん、あの曲が聴けないということもあるだろうし、
セトリ予想もまた楽しみになるであろう。

またぜったいぜったいに会おう。

単独ライブ告知はなかったが、
セカンドアルバムを引っ提げて彼女たちは帰ってくるだろう。

(2017年7月29日~30日 神戸ワールド記念ホール)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック