あえて「縦」で流し撮りしてみる。(名鉄特急)

流し撮り。
乗り物や動物、スポーツなどで一般的な撮影技法だ。
子供のいる方なら、運動会のリレーなんかで使われるかもしれない。
簡単に言えば、動画を撮る要領で、被写体に合わせてカメラを動かしたり、
一眼レフならズームを調節したり。


背景が流れるので主役が引き立つし、

日中でも疾走感のある写真が撮影できる。

で、本題。
列車前面を、ズームして横から流す。

1編成目:台車や機器も映って記録写真に。


2編成目:ズームして、思い切って切ってみる。
下回りに迫力は出るが、上が切れるのが気になる。


3編成目
縦で流してみたところ、良い感じに表現できた。
特急形の疾走感と、
パノラマスーパーの特徴的な前面構造。


しかしながら、横に比べると難しい。
事前の列車で望遠は調整しているので、振るだけなのだが、
当然合わせる幅が狭いので、スカったり連結器切れたり。

そもそも縦構図のサイドビューなんてそう使うシーンはないだろうが(笑)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック