4900円で名古屋⇔東京を往復した話(ウィラー)

名古屋~東京への移動。
航空機・新幹線・高速バス・JR在来線がまず思い浮かぶ。

そして、事業者やランクごとに細分化することで
選択肢はいくらでも出てくる。

需要とはなかなか調べてみると面白いテーマで、
昼行高速バスは5時間かかるけれども、
安いし座れるしで利用者は多い。

空港アクセスを考えれば新幹線に負けそうな航空機も、
旅割などで価格も互角のケースもあったり。

財布事情や体調、翌日の勤務に合わせて、チョイスすることも出来る。

さらに早期割引や会員割引などを適用すれば、
安価で快適に移動することも可能で、それが今回の本題。


成田空港へボーイング747を撮りに行こうと思い立ち、
宿代も削って夜行バス往復することに。

今回はウィラー。
エアロキングは名古屋線から撤退してしまったので、
とりあえず4列リラックスでの往復を購入。

割引と有料会員のクーポンを適用して4900円に。
運賃変動制なので購入のタイミングは難しいが。

で、さきほど「とりあえず」購入としたのには理由がある。

ちょっとした博打を打つためだ

ウィラーのプレミア(有料)会員は年会費1080円なのだが、
すでに300円オフ制度で元は取っている。

そして、非常に美味しいのが
あまりにも美味しすぎる制度のため、若干条件が厳しくなったが。


▲1×1列 コクーン


▲3列 リボーン

空席があれば4列シートから高級シート
グレードアップが可能となる。

ということで、
出発日からさかのぼって3日以上前に予約し、
同一の乗車地、降車地となるよう狙い、
当日無料シートランクアップ対象のプランを購入。

博打とはいったが、狙うシートが完売となった場合は、
当然4列シートで一夜を過ごすことになる。

もちろん、リラックスは快適なのだが、
窓側で隣人に寝られてしまうと、
トイレ休憩で外に出にくいので避けている。

ムーンライトながらも、同様の理由で通路側を好む。



結果として、閑散期の平日であることも幸いし、グレードアップに成功。







5000円程度でコクーンとリボーンという
高級シートの乗り比べをすることが出来た。

リスクは伴うが、今後も機会があれば活用してみたい。


(2017年5月乗車分)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック