桜と鯉のぼり(南木曽町)



長時間停車は鈍行旅の醍醐味。
改札を出ないと見えない世界がある


桃介橋
大正時代の吊橋を復元したものだそうだ。


桜と鯉のぼり。
この組み合わせも長野らしさがある。


さて、列車の時間だ。

(2017年5月)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック