高速バス&「北斗星」で格安東京泊。

ライブで上京することになった。
お互い連休が取れたので、今回もJR東海ツアーズさんに
お願いしようかなと思ったら、友人から、往復バスでどうだと提案を貰う。
安ければバス会社も好きにしていいとのことで、好き勝手させてもらった。

◆JR東海バス「ドリームなごや4号」 エアロキング乗車記

週末ということで、早割は完売。
となると、JRバスは定価となる。

次に新免。ジャムジャムもウィラーも焼け野原。

名古屋の卒業旅行は、ディズニーかユニバが定番らしい。
そこいらにブレザーのJKがゴロゴロいる。

ウィラーのニュープレミアムを狙っていたのだが仕方ない。

ということで、JR東海バスのエアロキング。






もちろん、三ケ日も足柄も満喫した。

◆トレインホステル北斗星

宿泊は二度目の「トレインホステル北斗星」。



今回は「じゃらん」から予約
セルフサービス・相部屋・二段ベッド(個室もあるが、人気で予約困難)ということで、
宿泊施設としては低価格の部類に入る。

とはいえ設備は綺麗だし、
「B寝台開放」が通じる相手なら抵抗も無かろう。

変動はするが、B寝台は一泊2500円前後。


◆ウィラー乗車記(バスタ新宿→名古屋南ささしまライブ)

先ずはJRバスを打診するも、エアロキングの3列便の早売は完売。

4列車の早売はまだある。

しかし、どうせ4列ならとウィラーで検討。
なんせ5時間近くの乗車である。

名阪でお世話になっている「リラックスnew」に、
プレミア会員の割引を適用。

さて、当日。

何度も撮影で訪れているバスタ新宿も、
乗り込むとなると不思議な気分。


JRのエアロキングとのアツいツーショット

平日の昼間ながら、40人近いであろう座席は満席のようだ。

高速道路に入った辺りで一眠り。

カノピー、レッグレスト、フットレストと、夜行に耐久できるシート。
ヒルネには贅沢な設備で、気が付けば御殿場手前。

二人掛けというと出入りが億劫で、窓通路指定が(基本)できない新免。

とはいえ、二人であれば問題ない。
バスヲタの筆者は、休憩は遊ぶために通路側である(笑)

普段は夜行なので気づかなかったが、プレミアムアウトレットが近くだったり、
温泉や足湯カフェがあったり。

昼行って新鮮。

二回目の休憩。浜名湖だったような。





青島みかんジュース!
甘ったるくなく、でも濃厚で美味い!

愛知県に入れば帰ってきた実感が湧く。
まあ、現実へのカウントダウンといったところか。


バスは御馴染の笹島ライブ。
時間はかかるけれど、3000円ちょいなら悪くないなと思った。
(2017年3月乗車・宿泊)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック