廃線、名鉄三河山線を巡る①

友人から、コミケの土産で貰った三河山線本に刺激を受けた。

三河海線と異なり、レールなどが残っていると意欲も湧く。

そんなわけで、自転車で巡ることに。

猿投到着時点で30キロ近くの走行。体力の限界に挑む。

①猿投~三河御船


猿投駅の先で一旦分断される。


三河御船駅付近の踏切から、猿投方面を望む。
DCが今にも走ってきそうな感覚に。


三河御船駅。


駅はふれあい広場に。


屋根などもしっかりと残っている。


枝下方には、緩やかなカーブ。


10余年の歳月は、鉄路が存在していたことまでも・・・

(2017年2月)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック