名鉄バス:名古屋~福島線、開設へ。

来週に迫った、名古屋福島線の開設。


延伸という興味深いケースであるが、新設に比べれば手間も費用も比ではなかろう。

共同運行は福島交通が継続、ホームの事業者は心強い。

ライバルの多い仙台線と比べると、郡山・福島は夜行バスの独壇場となるであろう。


郡山~福島に関しては、都市間バスがラッシュ時中心に運行され、
根強い需要が伺える。
(2016年1月撮影、※写真はイメージです)

ダイヤに関しては、名古屋出発から前倒しをして、
福島8:30のラインを保つ。ビジネス層ギリギリのラインと思われる。

宇都宮・郡山の繰り上げも、新たな需要開拓に繋がるのではなかろうか。

しかし、気がかりな問題も生まれた。
繰り上げにより、東岡崎駅を経由しなくなった。


 



救済として東名本宿はあるが、
名鉄特急は本宿通過するし、バス停は駅から歩く。

東岡崎からの乗客も割といただけに、その点が気がかりだ。
 
(2016年10月撮影)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック