萌え雑記7月(ラブライブ沼津・WUGほか)

●沼津再訪、ラブライブ!サンシャイン!!

ムーンライトながらが空いていたので、ノリで東京へ。折り返して普通列車沼津行き。

このルートだと、朝のうちに沼津に着ける。地元を始発で出発したら10時近くなので
 


装飾タクシーまで走ってるし!

さて、三話の巡礼ですが…

沼津駅は自由通路がなく、遠回り。

高架化の看板がありましたが、電車がRSE(あさぎり)な辺り、何年前から…

 

ヨーソロー!

自販機が一台撤去された跡が。

商業施設とか
 

その後はゲーマーズ沼津店。今回は開店前なので看板のみ。 

 

 
 

 

沼津駅構内に広告が。

●(WUG)Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」(大阪公演)

 

京橋
 

103系
 松下IMPホール。京橋駅から通路で繋がってるので便利。



 
会場はスタンディング
 
新鮮。席がない分、臨場感が。
 
後ろのほうだけれども、はっきりと顔が見える
 
まず「お約束体操2」という、注意点をラップにしたダンス映像が流れるが、演者の悪ノリに大爆笑。
 
文化祭の出し物を決める…というミニドラマの後、ライブ開始!

新曲からI-1カヴァー曲と幅も広く、幕間の映像もまたユーモアがあり。
 
アンコールの掛け声は勿論「  Wake Up, Girls!
あっという間に駆け抜けた2時間

ほんと「今来たばっかりー」

18シーズンなので交通費が浮いた。

 
●恋色空模様アフター

 

ファンディスクではあるものの、読み応えのあるシナリオ。
 
主人公の勢い・牽引力・情熱というものも、なかなか良い。
そして、周りの大人たち。
大人も言い負かすような鋭い視点を持った主人公に
アドバイスしてくれるのもまた大人たちだ。

 


前作に続き、地上げ屋とのやりとりも興味深い。
 
今時のゲーム、なかなか無い要素ではなかろうか?偏見だけども。少年たちに手をさしのべてくれる大人がいるというのは。
 

 

そんなシリアスな話ばかりではなく、
ちゃんとギャグ要素も忘れないのが緑茶クオリティー。
 
で、メインヒロインとのストーリーだけではなく、
ちゃんとサブヒロイン数名が攻略可能に!


 

 
ゆっき可愛い!
 
 ●JOYSOUND






いつもの自己満足、アイマス多し。

スポンサーサイト



コメント

No title

岡崎の孤独なグルメ
あいかわらずのカラオケ高得点!
今度シダックスの点数をスマホで出す方法おしえてください。
WAGのライブ羨ましいです~

No title

キュービック541
> 岡崎の孤独なグルメさん
ありがとうございます。

JOYSOUND公式のマイページのものです。機会ございましたらその折に。
非公開コメント

トラックバック