ビジネスシート体験記(JR東海バス)

ドリームなごや5号 東京駅→名古屋駅
(エアロキング・ビジネスシート)

 23時台、各地へ向かうバスが次々と入線・発車していく。
 

ここは東京なのだが・・・名古屋・三河・知多半田・・・
聞き慣れた地名が(笑)
 
 
知多半田行き、知多シーガルの出発後、
今宵の宿、ドリーム名古屋5号が入線。
 

今回は復路はビジネスシートが確保できた。
 

まずは足置きの台(オットマン)が目に留まる。
『さらなる旅のゆとりは足元から』がキャッチフレーズ。
 
通常は縦3列配置できるところを、2列。
 
1・5席分の足元のゆとり、大満足。
 

そしてC席はプライベートカーテンも!
(AB間はパーテーション)
 
頭部にはクッション、ブランケットはビニール包装。
 
あまりにも気持ちよく、足柄の休憩は降りられなかった。
 

三ケ日は降りたが。
 
6時間強の乗車では眠りが中途半端になるのが惜しい。
 
降車は名古屋インターからこまめに停車。
 

6時頃にはいつもの名古屋駅に降り立った。
 
(2016年6月)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック